目次

Chrome拡張機能を配布してSaaSアクティビティを取得する

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

設定にはGoogleの管理者権限が必要になります。

IT管理クラウドのChrome拡張機能でできること

IT管理クラウドのChrome拡張機能をインストールすることで、クライアントからSaaSへのアクティビティを取得します。

これにより、非稼働アカウントの検出を今まで以上に幅広く行うことが可能になります。

  

対象ブラウザ

 Google Chrome

 

前提条件
  • Google Workspace(法人向けのみ。個人向けは非対応)をご契約いただいていること。

  参考: Google Workspace料金

  • Google WorkspaceでChrome ブラウザの管理が有効になっていること。

  参考:Chrome ブラウザ管理を有効にする(ユーザーポリシーのみ)

  • ブラウザのGoogle Chromeでログインし、同期がONになっていること。

  参考:ユーザーに Chrome ブラウザへのログインを強制する(ユーザー ポリシーのみ)

Chromeウェブストアでの配布には対応していません。 

 

端末への配布方法

Google 管理コンソールでの設定・インストール

1. Google Admin にログインします。

2. デバイス > Chrome > アプリと拡張機能 > ユーザとブラウザを表示します。

3. 拡張機能を配布したい組織を選択します。

特定の部門などにのみ配布したい場合は、下位の組織を選択ください。

4.右下のボタンをクリックし、[Chrome アプリや拡張機能をIDで追加] をクリックします。

5.Chrome ウェブストアから追加を選択します。

6. IT管理クラウドにログインし、[設定] > [組織] に移動します。

 

7. 拡張機能IDをコピーGoogle Chrome側の拡張機能IDに入力し保存します。

8. IT管理クラウドにログインし、[設定] > [組織] に移動します。拡張機能のポリシーで [新しいポリシーを生成する]をクリックします。

9. OKをクリックします。

10. 作成された拡張機能のポリシーで[コピー]をクリックします。

11. Google Admin側で作成した拡張機能に、コピーしたポリシーの値を[拡張機能のポリシー]にペーストします。

 

12. インストールポリシーを、[自動インストールする]、もしくは[自動インストールして固定する]を選択します。

自動インストールする: 拡張機能 を自動的にインストールし、ユーザーが削除できないようにします。
自動インストールして固定する: 「自動インストールする」と同じです。 さらに、拡張機能のアイコンをタスクバーに固定(ピン留め)します。

13.すべての設定が完了後、画面右上にある保存ボタンをクリックします

以上で配布に必要な設定は完了です。

   

端末(ブラウザ)での確認

Chromeの拡張機能一覧IT Management Cloud Chrome Extensionがインストールされていることを確認します。

 

IT管理クラウドでのアクティビティの確認

サービスの詳細画面にて、各SaaSの最終利用日に日付が入力されていることを確認ください。

Notionは連携しただけでは最終利用日が取得できないサービスですが、ブラウザ拡張機能が動作すると、上記のように最終利用日が取得できるようになります。どのSaaSが連携時に「最終利用日」が取得できるかについては、連携可能SaaS一覧の取得可能データの、「LastActivity」が含まれているかどうかをご確認ください。

連携可能SaaS一覧

 

アンインストール手順

Google 管理から、追加したアプリケーションを削除します。

ゴミ箱ボタンをクリックします。

確認メッセージが表示されますので、「削除」をクリックします。

 

一覧から追加したアプリケーションが削除されたことを確認します。

Chromeの拡張機能一覧からもIT Management Cloud Chrome Extensionが削除されていることを確認ください。

 

質問集

Q. アプリケーションの利用履歴は確認できますか?

A. 取得対象外となります。Chromeブラウザでのアクセスのみ取得します。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

CSVデータをインポートする

SaaSの支払い状況を確認する

お問い合わせ