目次

Marketo Engage

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

Marketo インスタンスの管理者権限が必要です。

事前準備

Marketo Engageへのログイン方法

Marketo Engageログインページにて、メールアドレス・パスワードを入力しログインします。

      

クライアントIDとクライアントシークレットの取得方法

Martketoのヘルプを参考にAPIKeyを取得します。

  1. Marketo EngageのAPI用のRoleを作成、Access AdminAccess APIを持たせる必要があります。
  2. Marketo EngageのUserを追加、Permissionとして1で作成したRoleを設定し、API Onlyにチェックを入れて作成します。
  3. Marketo EngageのLaunch pointを開き、新しいサービスを追加しますServiceをCustomとして、2で作成したUserを指定します。
  4. Marketo EngageでClient IDClient Secret、が発行されますので保存しておきます。これが、連携に使用するクライアントIDとクライアントシークレットになります。

 

ワークスペースキーの取得方法

URLの一部がワークスペースキーとなるので、保存します。(#は含みません)

https://engage-sj.market.com/?munckinld= {ワークスペースキー} #/classic/WP0A1

  

インテグレーションのセットアップ

IT管理クラウドのインテグレーション画面にて、Marketo Engageで検索し、クリックします。

ワークスペース名には任意の名称(会社名など)、前の手順で取得したワークスペースキー、クライアントIDとクライアントシークレットを入力し、

連携するをクリックします。

 

Marketo Engageとの連携に成功すると、アカウント一覧に登録済みのユーザー情報が表示されます。

正常に完了していない場合は、インテグレーション画面のステータスタブを編集し、再度連携をお試しください。

解決しない場合はチャットにてお問い合わせください🙏

                 

Marketo Engageの連携概要については連携ページをご覧ください。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

Make

Mekari Jurnal

お問い合わせ