目次

GitHub

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

事前準備

組織の作成

Githubとの連携には組織の作成が必要になります。Githubの管理画面にアクセスし、組織が作成されているかご確認ください。

組織がない場合、組織を新たに作成してください。組織がない状態で連携を実行するとエラーになります。

もし、組織が作成済みにも関わらずエラーとなる場合、後述する補足事項をご覧ください。

 

インテグレーションのセットアップ(Enterprise以外)

IT管理クラウドのインテグレーション画面にて、Github で検索し、連携するをクリックします。

Base URI、クライアントID、クライアントシークレットはEnterprise Planとの連携を実施する場合のみ必要な項目です。その他のプランをご利用の場合、空白のまま「連携する」をクリックください。

GitHubのログインページに移動します。GitHubユーザー名またはメールアドレス・パスワードを入力しログインします。

GitHubにログイン後、次のように権限の付与を許可する確認画面が表示されます。

付与する権限の内容を確認し、組織に対して[Grant]をクリック後、[Authorize]をクリックください。

もし、Grantを押し忘れてAuthorizeしてしまった場合は、補足事項をご覧ください

                                  

GitHubとの連携に成功すると、アカウント一覧に登録済みのユーザー情報が表示されます。 

正常に完了しない場合は、インテグレーション画面のステータスタブから編集し、再度連携をお試しください。

解決しない場合はチャットにてお問い合わせください🙏

サービス連携の概要については連携ページをご覧ください。 

 

Github Enterpriseとの連携

Github Enterprise をご利用の場合連携方法が異なります。次の手順に従い連携ください。

        

OAuth アプリの作成

Githubページの手順に従いOAuthアプリを作成します。以下、入力するパラメータを補足します。

[Application name] https://itmc.i.moneyforward.com/ と入力ください。

[Authorization callback URL] https://itmc.i.moneyforward.com/oauth/callback と入力ください。

 

Base URIの確認

Github Enterpriseで利用するドメインの検証・承認時に追加したドメインを確認します。(https://を含みます)

コピーして保存しておきます。

 

クライアントIDとクライアントシークレットの確認

OAuthアプリの作成後、Client IDが表示されます。Client IDがクライアントIDとなるので保存します。

[Generate a new client secret] ボタンをクリックします。

Client secretが表示されます。Client secretがクライアントシークレットとなるので保存します。

 

インテグレーションセットアップ

前の手順で確認したBase URI、クライアントID、クライアントシークレットを入力し、連携するをクリックします。

GitHubとの連携に成功すると、アカウント一覧に登録済みのユーザー情報が表示されます。 

正常に完了しない場合は、インテグレーション画面のステータスタブから編集し、再度連携をお試しください。

解決しない場合はチャットにてお問い合わせください🙏

 

参考

AWSはメールアドレスを取得しないサービスのため、ユーザータイプは「不明」もしくは「システム」で取得します。

そのため、アカウントマージ機能も併せてご利用ください。

ユーザータイプの付与が可能となり、より正確な退職者管理が可能となります。

  

補足事項

以下のようなケースの場合、Github側で操作が必要になります。

  • Github連携後、追加で新しい組織を連携させたい場合
  • 新規連携時にGrantを押し忘れてAuthorizeしてしまった場合

   

Github側での操作

以下の操作を実施し、追加した組織、あるいはGrantし忘れた組織に対して、Grantを実行します。

  1. https://github.com/settings/applications にアクセスします。
  2. Money Forward IT Management Cloud アプリをクリックします
  1. Organization accessの下のGrantボタンを押します 。
  1. IT管理クラウドで再度連携をします。次の画像のとおり、Grantを実施した組織が選択できるようになります。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

Garoon

GitKraken

お問い合わせ