目次

Google Analyticsで削除したユーザーがIT管理クラウドに残ったままになる

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

事象の概要

Google Analytics側でアカウントを削除、もしくはIT管理クラウドからGoogle Analyticsアカウントを削除したにも関わらず、

同期を実施したタイミングでアカウントが表示される(退職アカウントとして通知される)事象が確認されています。

 

原因

Google Analytics側の仕様として、アカウント内のプロパティとビューを35日間保持しつづけ、

完全に削除を行うまでの間、アカウントの情報として残ってしまっているためです。

  

 

Google Analyticsヘルプ:アナリティクスアカウントの削除

 

回避策

完全に削除されるまでの間、退職アラートが通知され続けてしまうため、

ミュート機能でアラートから除外をお願いいたします。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

2FA(2要素認証)有効時の連携手順について

IT管理クラウドには2要素認証(2FA)を使ってログインできますか?

お問い合わせ