目次

kickflow

Kana Sasaki Updated by Kana Sasaki

連携には管理者権限が必要です。

事前準備

kickflowへのログイン方法

kickflowログインページにて、テナントID(サブドメイン)を入力し、ログインします。

アクセスキーの取得方法

kickflowにログイン後、画面右上のアカウント名をクリックします。メニューが開くのでAccess token settingsをクリックします。

  

Access tokenページに移動します。CREATE ACCESS TOKEN をクリックします。

  

すると、以下のような表示が出るので任意の名称(会社名など)を入力し、CREATEをクリックします。

 

access tokenが作成されます。これがクセスキーとなるので保存し、CHECKEDをクリックします。

 

access tokenは、再表示されません。保存を忘れた場合は下記手順を参考に再作成してください。

access tokenを保存・コピーし忘れてしまった場合は、Operationsの↻矢印マークをクリックすると再度access tokenを作成できます。

                         

インテグレーションのセットアップ

IT管理クラウドのインテグレーション画面にて、kickflowで検索します。

 

ワークスペース名には任意の名称(会社名など)前の手順で取得したアクセスキーを入力し、連携するをクリックします。

  

kickflowとの連携に成功すると、アカウント一覧に登録済みのユーザー情報が表示されます。 

正常に完了しない場合は、インテグレーション画面のステータスタブから編集し、再度連携をお試しください。

解決しない場合はチャットにてお問い合わせください🙏

          

kickflowの連携概要については連携ページをご覧ください。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

invox

kincone

お問い合わせ