目次

クラウドサービスを検出する -Disocveryからのおすすめ -

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

Google Workspaceを使用した検出

Google Workspaceと連携すると、クラウドサービスを検出することができます。

連携して5-30分程経つと、「インテグレーション」→ 「Discoveryからのおすすめ」欄に表示されます。

組織アカウントを利用してGoogle Loginを行なった履歴からクラウドサービスを検出しています。

  1. IT管理クラウドに登録されていないものが Discoveryからのおすすめ に表示されます。
  2. IT管理クラウドがサポートしていないサービスのログを含めて全てのログ(*1)は右上の[検出したSaaSをすべて出力する]ボタンで取得できます。
*1) 最大で直近3ヶ月のデータを元に集計します。アプリケーション名はGoogle WorkspaceのAdmin画面に表示されている値がそのまま表示されています。詳細の仕様についてはこちらの記事をご覧ください

 

検出したサービス

   

検出結果のダウンロード

    

CSVファイルのエクスポート

CSVファイルにエクスポートされるデータの各項目は下記のとおりです。

  • App Name :Google側に記録されているアプリ名を表示しています。
  • Total Used Employees :当社が検出を開始以降、トータルのユニークな利用者(メールアドレス)数です。
  • Last Activity : 直近の利用者のアクセス時刻を表示しています。
  • Most Recent Employees ... 直近でアクセスした人のメールアドレスが最大10個表示されます。

    

検出されない場合

連携しているGoogle Workspaceユーザーの権限が不足している可能性があります。

  • Gsute ドメインの監査レポートを表示
  • Gsute ドメインの使用状況レポートを表示

上記項目自体が表示されるか、チェックが入っているかをご確認ください。

表示権限がついていない場合は、カスタムの管理者ロールに権限を追加していただくか、

特権管理者権限のアカウントで再度従業員マスタ連携を実施ください。

 

従業員マスタ連携 

従業員マスタの再設定は、インテグレーション画面のステータスタブから、編集ボタンから更新をかけていただくと、

権限がご確認いただけます。

  

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

シャドーIT検出機能

お問い合わせ