目次

【Microsoft 365 / AzureAD】複数のメールアドレスをもつアカウントを同一の従業員として管理したい

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

Microsoft 365 / Azure AD における複数アカウント管理

次のように同一人物で複数のアカウントを利用している場合、

サブアカウント側で登録されたSaaSアカウントがゲストアカウント(「社外」ラベル)扱いとなります。

  • メインアカウント : @abc.co.jp(従業員マスタ)
  • サブアカウント : @xyz.co.jp

この状況において、サブアカウントにも「従業員」ラベル を付与したい場合の方法をご説明します。

   

Microsoft 365 での操作

ユーザーの役割の管理 > 代替メールアドレスを編集します。

Microsoft 365 の管理センターからは、メールアドレスは1つのみ追加が可能です。Azure ADの権限をお持ちの場合、後述する方法で複数のメールアドレスを追加・編集が可能です。
Azure ADでの操作

ユーザのプロパティ > 連絡先情報 > その他のメールを編集し、サブアカウントのメールアドレスを追加します。

3つ以上のメールアドレスを所有している場合、同様に追加します。

 

再同期の実施

各サービスでメールアドレスを追加後、IT管理クラウド上で、Microsoft365 およびAzure ADと再同期を行います。

左メニューの「アカウント」 からメインアカウント検索し、サブアカウントのアドレスが紐付いていることを確認ください。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

[連携エラー]Google 認証やSSOを用いたログインを実施しており、認証エラーとなる。(制限事項)

クラウドサービスを連携した人が退職した場合、どうなりますか?

お問い合わせ