目次

最終利用日(Last Activity)について

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

最終利用日(Last Activity)とは

SaaSに最後にアクセス(ログイン)した日からどれくらいの時間が経過しているかを示しています。

そのSaaSの利用頻度の目安としてご利用ください。

  

確認方法

アカウントメニューおよび、サービス > アカウントからご確認いただけます。

 

取得方法

以下、3パターンの取得方法をご用意しております。

  1. APIで直接取得
    SaaSと連携することで、該当SaaSで保持しているログイン日時から最終利用日を算出しています。
    対応SaaSについては、対応可能SaaS一覧の取得データ > Last Activityをご確認ください。
  2. Google ログイン履歴から取得
    ①のAPIで取得できないいくつかのSaaSについては、Google認証を利用してログインした履歴から最終利用日を算出します。
    前回のログイン以降、長期間ログイン操作が行われないような状況では、値が正確に反映されません。次のChrome拡張機能をご利用ください。
  3. Chrome 拡張機能で取得
    ChromeブラウザにIT管理クラウドの拡張機能をインストールすることで、SaaSのアクセス履歴から最終利用日を取得します。ご利用方法についてはChrome拡張機能を配布してSaaSアクティビティを取得する をご覧ください。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

他の事業部や部署で管理しているクラウドサービスを連携する

連携したサービスを停止する(連携解除)

お問い合わせ