目次

SaaSの請求書・領収書を管理する

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

機能概要

SaaSに関する支払い請求書や領収書を、IT管理クラウドに保管・参照することが可能になりました。

これによりSaaSに関する支払情報を探し回る必要がなくなり、管理者の負担軽減を図ります。

設定は次のとおり、メールアドレス宛に請求書・領収書メールを転送するだけです。

 

設定方法

IT管理クラウドに請求書・領収書を転送する

設定 > メール転送に表示されているメールアドレス宛に、SaaSの請求書および領収書メールを転送します。

転送先メールアドレスはお客様(テナント)毎に異なります。

テナント名-文字列@forwarding.i.moneyforward.com

上記メールアドレス宛に請求書メールの転送設定をしておくと、自動的に転送することが可能です。方法については各メールシステムのマニュアルを参考ください。
参考:Gmail のメールを他のアカウントに自動転送する
*Gmailの場合は転送ルールを設定時に確認メール上記アドレス宛にが送信されますが、数分程度で自動的に承認されますので、特に何も入力いただく必要はございません。

請求書・領収書をIT管理クラウドで確認する

確認にはIT管理クラウドの「Admin」権限が必要です。

支出」> 「領収書・請求書」タブを開きます。

 

サービス名の編集・削除

メールタイトルとSaaS DBを自動でマッチングしてSaaS名と紐付けを行います。

「編集」ボタンをクリックすると、紐付けを手動でSaaSと紐付けを行うことが可能です。

「削除」ボタンをクリックすると、当該レコードを一覧から削除します。

 

支払い情報の詳細を確認する

該当レコードをクリックすると、転送されたメールの本文や添付ファイルの確認が可能です。

本文・添付ファイルのダウンロードおよび、レコードの編集・削除の実施もいただけます。

 

メールが表示されない場合

次のいずれかのケースに該当しているかどうかご確認ください。

1. 転送したメールが、IT管理クラウドのSaaSとマッチングしなかったケース

「マッチしなかったデータも表示」ボタンをクリックし、該当のメールがリストに表示されるか

ご確認ください。「編集」ボタンからSaaSに手動で紐付けください。

 

2.転送したメールが請求書・領収書のメールと判定されなかったケース

独自のアルゴリズムに従い、SaaSの請求書・領収書メールかどうか判定していますが、

該当しないと判断した場合、リストに表示されません。

原因を確認いたしますので、チャットにてお問い合わせください。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

SaaSの支払い状況を確認する

コストの状況を分析する(インサイト)

お問い合わせ