目次

退職者アラートをSlackで通知する

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

Slackに様々な通知を送ることができます。Slackに送る事で全ての仕事がSlackから始める事ができます。定期的にWeb画面にアクセスする頻度を減らすことができます。

この作業にはIT管理クラウドのAdmin権限を持っている必要があります。

 

設定

1.設定ページに移動します。

Settings > Notification の画面に移動します。

送信頻度、送信するコンテンツを選択します。

月次、週次の送信の時はAM10:00(JST) に送信されます。日次の場合は時刻指定可能です。( ※ 今後より柔軟な送信設定の開発を予定しています )

Add to Slack ボタンを押します。

  

  

2.Slack側の連携画面に移動して許可します。

Slackの画面に移動して、アクセスを許可してよいか確認がされます。連携したいWorkspaceである事を確認して Allow を押して連携の許可を行います。

 

3.通知先のチャネルを選択する

通知したいチャネルを検索して入力します。複数のチャネルも選択可能です。

完了したら、 Select / 選択 を押して完了します。

※ Private Channelに通知する場合は事前にBotを招待しておく必要があります。(後述)

 

 

4.通知設定が保存されます

送信頻度、送信する内容、送信先のチャネルが保存されます。これで時刻になったら通知されます。

通知先チャネルにBotが登場しすます。

 

  

通知の内容

レポート
従来の退職者検出に加え、インテグレーションに関する情報も追加されました

Slackにレポートが届きます。スレッドにはサービス毎のアラート状況が報告されます。

 

アラート

  • 退職者アカウントの件数をサービスごとにお知らせします。

インテグレーション

  • 正常連携中:正常に連携できているサービスです。
  • 連携エラー:連携エラーとなっているサービスです。
  • シャドーIT検出:シャドーIT機能で検出したSaaSの内、未連携のSaaSの数です。

Discoveryからのおすすめで表示されているSaaSをご覧ください。10件以上の場合、連携することで残りのSaaSが表示されるようになります。

 

PrivateChannelへの招待

Private Channelに通知する場合は事前にBotを招待しておく必要があります。

招待したいチャネルから、右上のボタン(メンバー一覧のアイコン)をクリックします。

Integrations > Add appsを選択し、Money Foward IT Management CloudAddします。

 

通知先チャネルの選択肢にプライベートチャネルが表示されるようになります。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

退職者アカウントをエクスポートする

退職者アラートを除外する(アラートMute)

お問い合わせ