目次

退職者アラートを除外する(アラートMute)

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

機能概要

退職者アカウントのアラート通知をMuteできる機能です。

休職など、アカウントを残しておく必要があるクラウドサービスのアカウントを、アラート通知の対象から除外することが可能となります。

   

アラートの確認

サービス > アラートのあるクラウドサービスを選択し、通知をクリックします。

【参考】

退職者のアカウントが残っていませんか?

退職者アカウントを整理するには

  

ミュートの実行

ミュートを実行する退職者アカウントの右端 の < ボタンマウスオーバーすると、左にスライドし、

削除 もしくは ミュート のボタンが表示されます。

  

ミュートをクリックします

  *削除をクリックするとアカウントの削除もしくは、無効化を実行します。

  (ベータ版)IT管理クラウドでアカウントを削除/停止する

  

ミュートの確認画面が表示されますので、以下の項目を設定します。

ミュートの確認
  • 選択した通知のみ:選択したSaaSのアラートのみをミュートにします。
  • 選択したアカウントに紐づくすべての通知:選択したアカウントに関連するすべてのSaaSのアラートをミュートにします。

    

ミュート解除日

  ミュートを解除する日を設定します。無期限にすることも可能です。

      

 指定日を選択した場合、解除日に任意の日付を設定します。

  

ミュートをクリックすると、アラートがミュートされます。

   

ミュートの手動解除

ミュート中のアカウントは[ミュート中]と表示されるようになります。

任意のタイミングでミュートを解除することが可能です。

  

ミュート中をクリックすると、ミュート解除の確認画面が表示されます。

 

ミュート設定時と同様、下記2種類の設定から選択します。

  • 選択した通知のみ:選択したSaaSのアラートのみミュートを解除します。
  • 選択したアカウントに紐づくすべての通知:選択したアカウントに関連するすべてのSaaSのアラートのミュートを解除します。

  

ミュート解除をクリックすると、ミュートが解除されます。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

退職者アラートをSlackで通知する

お問い合わせ