目次

SmartDB

Kana Sasaki Updated by Kana Sasaki

連携には、SmartDBのシステム管理者ユーザーのアカウントが必要です。

事前準備

SmartDBへのログイン方法

SmartDBログイン用URLにアクセスし、SmartDBのシステム管理者ユーザーのメールアドレス・パスワードを入力し、ログインします。

            

ワークスペースキーの取得方法

SmartDBログイン用URLの一部がワークスペースキーとなっています。

https://{ワークスペースキー}.smartdb.jp

    

アクセスキーの取得方法

SmartDBにログイン後、画面右上のユーザーアイコンよりメニューを開き、システム管理をクリックします。

  

管理画面のサイドメニューから 認証とセキュリティ>システムトークンに進みます。

システムトークンがアクセスキーとなります。

             

新規作成の場合

画面右上の+発行をクリックします。

任意の名前(会社名など)入力し、保存をクリックします。

すると、システムトークンが発行されるので、コピー・保存します。

【作成済システムトークンを利用する場合】

一覧より利用したいシステムトークンの名前をクリックします。

すると以下の画面に移動するので、システムトークンをコピー・保存します。

            

インテグレーションのセットアップ

IT管理クラウドのインテグレーション画面にて、SmartDBで検索します。

前の手順で取得したワークスペースキー、アクセスキーを入力し、連携するをクリックします。

 

SmartDBとの連携に成功すると以下のように表示され、アカウント一覧に登録済みのユーザー情報が表示されます。

正常に完了しない場合は、インテグレーション画面のステータスタブから編集し、再度連携をお試しください。

解決しない場合はチャットにてお問い合わせください🙏

                   

SmartDBの連携概要については連携ページをご覧ください。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

Slack

SmartHR

お問い合わせ