目次

CSVデータをインポートする

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

CSVデータによるコストマネジメント

会計や経費システムから出力されたCSVデータをカスタマイズして取り込むことにより、

SaaSのコストマネジメント(インサイト支出)を行うことが可能です。

 

インポート手順

1. 左のメニューから「支出」をクリックし、右上の支出データのインポートボタンをクリックします。

2. 支出データのインポート画面が表示されます。

 インポートするためのCSVテンプレートをダウンロードし、任意のフォルダに保存します。

3. ダウンロードしたテンプレートファイルを開き、フォーマットに従って各項目を入力します。

  • 日付 (必須):YYYY-MM-DD形式またはYYYY/MM/DD形式です。
  • 金額 (必須):金額には小数点以下を示すドットを使用できます。
  • 通貨 (必須):通貨はUSDもしくはJPYです。混在することはできません。
  • メモ(任意):取引の内容などメモ欄にご利用ください。
  • サービス名(任意):SaaS名を入力いただけます。
・7行目にデフォルトで説明行を付与していますが、インポート時は消去ください。
・不要な空白行があるとインポートに失敗するため削除ください

 

4.ファイルを作成後CSV(UTF-8)形式で保存します。

ファイル名にいつのデータか、日付をYYYY-MM-DD形式でいれておくと、後の確認に便利です。

5.作成したファイルを「支出データのインポート画面」にドラッグアンドドロップするとインポートが開始します。

6.正常に完了すると、次のメッセージが表示されます。失敗する場合、エラーメッセージに従い、CSVファイルを修正ください。

 

インポートしたデータの確認

「支出」画面から、全ての参照元をクリックすると、インポートしたファイル名とインポート実行日時を確認いただけます。

インポートしたデータが反映されているかご確認ください。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

Chrome拡張機能を配布してSaaSアクティビティを取得する

お問い合わせ