目次

IT管理クラウドにユーザーを招待する

Yasuhiro Miyoshi 更新 by Yasuhiro Miyoshi

作成した組織にはユーザーを招待する事ができます。

招待したユーザーはサービスと連携したり、連携して取得したデータを見たりすることができます。

SSOの仕組みを用いてユーザー管理をする場合は以下のドキュメントから参照してください。

 

ユーザーをIT管理クラウドに招待する

サイドメニューの設定 > ユーザー タブを選んでください。

画面右側に 「ユーザーを招待する」ボタンがあるので押してください。

 

テキストエリアにメールアドレスを入力して、ADDボタンを押すか、Enterを押すと候補として入力されます。最後にロールを指定して招待ボタンを押してください。招待者にはメールが送信されます。

 

  

IT管理クラウドに招待されたら

招待されたユーザーにIT管理クラウドからメールが送信されますので、メールの「ログイン」ボタンをクリックします。

  • マネーフォワードIDをお持ちの場合

  招待されたメールアドレスを入力し、IT管理クラウドにログインします。

  「このアカウント使用する」をクリックします。Google ログインなど、メールアドレス以外のログイン方法を利用する場合、

  「他のアカウントを使用する」をクリックください

  パスワードを入力し、「ログインする」をクリックします。

  • マネーフォワード ID を持っていない場合(招待されたメールアドレスでログインできない場合)

 招待されたメールアドレスがマネーフォワードIDに登録されていない場合、ログインできません。

 アカウントの確認画面で、「他のアカウントを使用する」をクリックします。

 [新規登録はこちら] ボタンをクリックします。

次の画面のいずれかの方法にてマネーフォワードIDを作成し、IT管理クラウドにログインください。

 

補足

IT管理クラウドのロールの違いについては以下を参照ください。

ロールの違いはなんですか?

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

IT管理クラウドの支払い状況を確認する

お問い合わせ