目次

【ベータ版】ユニバーサルディレクトリ機能(Universal Directory)

Yasuhiro Miyoshi 更新 by Yasuhiro Miyoshi

β版として提供している機能です。画面や内容は予告なく変更される可能性があります。
ご希望のお客様はチャットにてご依頼ください。

Universal Directoryとは

情報システム部門向けに、管理しやすい情報を取り扱うための専用ディレクトリです。これまで従業員マスタからのみアカウントの同期を行っていましたが、ディレクトリに直接アカウント情報を追加、編集が行えたり、ゲスト、入退職者のステータス変更が可能となります。コンセプトについては下記のサイトをご確認ください。

Universal Directry - 漏れなく・繋がる 新しい ディレクトリ サービス

 

利用方法

アカウントの確認

機能が有効な状態で、ディレクトリ をクリックします。デフォルトでは、アカウントメニューで表示されたアカウントと同一の内容(従業員マスタのアカウント+連携したSaaSのアカウント)が表示されます。

アカウントをクリックすると詳細の確認や情報の編集が行えます。

 

ユーザー情報

アカウントをクリックすると、アカウントの詳細をご確認いただけます。各パラメータの追加や変更が可能です。表示・編集が可能な項目は次の表のとおりです。

項目名

内容

名(必須)

名前を入力します(例:太郎)

性(必須)

性を入力します。(例:木村)

プライマリメールアドレス(必須)

プライマリメールアドレスを入力します。

セカンダリメールアドレス

セカンダリメールアドレスを入力します。

社員ID

社員番号を入力します。

タイプ

正社員、従業員など選択いただけます。登録されているメールアドレスのドメインによって、選択可能な項目が決まっています。

詳細は後述する補足をご覧ください。

ステータス

以下のタイプから選択可能です

  • 下書き
  • 入社前
  • 就業中
  • 休職中
  • 退職済み

上長

上長にあたる方の名前やメールアドレスを入力します。

勤務期間

入社から退職までの日付を入力します。

休職期間

休職期間の日付を入力します。

会社

所属する会社名を入力します。グループ会社に所属しているなど管理が可能です

職種

メンバーの職種・役割などを入力します。(例:営業マネージャーなど)

部署

部署名を入力します(例:営業部)

場所

所在地を入力します。(例:東京本社、大阪支社など)

メモ

上記以外の項目を自由に入力可能です。

 

補足:ユーザータイプについて

ユーザータイプは従業員マスタのドメインとアカウントのメールアドレスによって指定できるタイプが決定します。例えば、プライマリメールアドレスが自社ドメインの場合、コラボレーターなど一部の外部IDは選択いただけません。入力可能なタイプの組み合わせは下記の表のとおりです。

ユーザータイプ / IDの種類

会社ID

外部ID

システムID

不明

役員

正社員

◯(デフォルト)

契約社員

派遣従業員

パート従業員

出向従業員

契約従業員

コラボレーター

◯(デフォルト)

グループアドレス

◯(デフォルト)

共用アドレス

テストアドレス

その他

不明

◯(デフォルト)

  

全ID数

アカウントに紐づいたメールアドレス(ID)の一覧が確認いただけます。

サービスタブ

アカウントに紐づいたサービス(SaaS)の情報の確認が可能です。

アカウントの追加

ディレクトリにアカウントを新規で追加する方法です。個別登録とCSVによる一括登録が可能です。

  

個別追加

1名ずつ追加する方法です。ディレクトリメニューから下記画像のアイコン [新規ピープルを追加]をクリックします。

ユーザー情報が表示されますので、各項目を入力し、保存ください。

 

一括登録(CSVインポート)

CSVファイルから一括登録を行う方法です。ディレクトリメニューから下記画像のアイコン [インポート]をクリックします。

[テンプレートをダウンロード] からCSVテンプレートをダウンロードします。

CSVを編集・保存後、ファイルをドロップするとインポートを実行します。

アカウントのエクスポート

次の画像のボタンをクリックすることで、CSVファイルにエクスポートが可能となります。

  

アカウントの削除

アーカイブ

不要になったユーザーなど、ディレクトリから非表示とするためには、アーカイブという操作を行います。どのサービスにも紐づいていないアカウント(サービス数0)がアーカイブ可能です。アーカイブを行うアカウントを、右端の引き出しからArciveを実行します。

確認画面が表示されるので、[アーカイブする]をクリックします。

[確認する]をクリックします。 

アーカイブが完了します。アーカイブされたデータは ステータス > アーカイブで確認いただけます。アーカイブを元に戻す場合、Unarchiveを実行します。

 

削除

ディレクトリからアカウントを恒久的に削除します。

削除を行ったユーザーはAdminaから表示されなくなり、復旧できなくなるためご留意ください。

削除したいユーザーをクリックし、詳細画面から[ユーザーを削除する]を実行します。

ダイアログが表示されますので、[ユーザーを削除する]を実行します。

正常に削除されると、右上にメッセージが表示され、削除が完了します。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

SaaSアカウントを新規登録・追加する(プロビジョニング)

アカウントの最終利用日(Last Activity)を確認する

お問い合わせ