目次

クラウドサービスとの連携パターンを確認する

Yasuhiro Miyoshi Updated by Yasuhiro Miyoshi

クラウドサービスとの連携方法は以下の3種類あります。

  1. OAuthを利用した接続
  2. APIを利用した接続
  3. ID/Passwordを利用した接続

 

APIを利用して接続

OAuthを利用してクレデンシャルを取得

連携する ボタンを押すだけで連携できるタイプです。連携する ボタンを押すと、連携先サービスの画面に画面遷移します。

そこで、「○○の権限を付与します。」 と標示されたものを「許可」すると連携が成功します。

  

連携の際には以下の点を確認して"許可" を押してください。

  • 権限のスコープ
  • IT管理クラウドが認可を求めていること (ロゴやサービス名をご確認ください)

  

APIキーを利用して接続

APIキーを設定するだけで連携できるタイプです。

各サービス毎の方法でAPIキーを発行して、IT管理クラウドに登録することで、連携が成功します。

 

ID/PASSを利用して接続

APIが利用できないサービスはID/PASSを利用して連携します。

 

従業員のID/PASSを利用して接続

従業員のどなたか (主にクラウドサービスを管理できる権限を持ったアカウント)のログイン用のID/PASSをIT管理クラウドに登録することで連携が成功します。オプションで、二要素認証もご登録いただけます。

以下の場合は利用できません。

  • 他サービスを利用したログイン(Google Login)やシングル・サインオン(SSO)を用いたログインが強制されている場合
  • セキュリティ観点で従業員のアカウントをお預けいただくのが許容できない場合

これらに該当する場合は、システム連携用のアドレスをクラウドサービスを発行してログインすることで連携が可能となります。

  

現在サポートしていない連携方法

以下に該当するクラウドサービスとの連携はサポートされていません。

  • シングル・サインオン(SSO)を用いたログインが強制されているサービスを利用
  • Google Login等の外部IDプロバイダーを用いたログインが強制されている場合
  • 上記パターンかつ、IT管理クラウドとの連携方法が、ID/Passwordの場合。

 

ただし、上記のようなクラウドサービスをご利用の場合でも、下記に該当する場合は 接続が可能です。

  • 管理者権限の場合はSSOが有効にならず、ID/PASSで直接ログインできるタイプのクラウドサービス
  • 外部IDプロバイダーを利用しているが、ID/PASSでも直接ログインできるタイプのクラウドサービス

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

インテグレーション(連携)ログを確認する

ユーザータイプ判定条件:早見表

お問い合わせ