目次

LINE WORKS(OAuth連携)

Kana Sasaki 更新 by Kana Sasaki

・連携には、LINE WORKSの管理者アカウントおよび開発者権限が必要です。
・APIが2.0に更新されたことに伴い、手順を更新いたしました。以前API1.0で連携されたお客様は本手順で再度連携ください。
・APIの利用詳細についてはLineworks社公式もご覧ください。LINE WORKS API 2.0 を利用する手順は、下記の通りです。
LINE WORKS管理者画面 > セキュリティ > 管理者権限」でアプリ開発者にDevelopers権限を付与(参考
権限を付与してもAPIを利用できない場合、LINE WORKSへお問い合わせください。

事前準備

LINE WORKS Developersへのログイン方法

LINE WORKS Developersログインページにて、ID・パスワードを入力し、ログインします。

   

ワークスペースの取得方法

LINE WORKS Developersへログイン後、画面右上のDeveloper Consoleをクリックします。

   

左側メニュータブの一番下にDomain IDが表示されています。Domain IDがワークスペースキーとなるので、保存します。

  

OAuth Appの追加

Developer Console の API2.0 > Add client app をクリックします。

  

Client app の名前(半角20文字以内の任意の文字)を入力し、Confirmをクリックします。

 

app clientの次の値を、それぞれ以下のとおり入力します。

  • Client app description:説明用の文章です。任意の文字を入力します。
  • Redirect URLhttps://itmc.i.moneyforward.com/oauth/callbackと入力し、Addをクリックします
  • OAuth ScopesManage ボタンをクリックし、user を選択します

入力後、Saveをクリックし、保存します。

Freeプランなどご利用のプランによっては、userスコープがご利用できません。スコープの詳細につきましては、サービス提供ベンダへご確認ください。

 

クライアントIDとクライアントシークレットの取得

作成したアプリケーションのClient IDおよびClient Secret

IT管理クラウドとの連携の際に入力するため、コピーして保存しておきます。

  

インテグレーションのセットアップ

IT管理クラウドのインテグレーション画面にて、LINE WORKSで検索します。

 

以下の値をそれぞれ入力し、連携するをクリックします。

LINE WORKS Developersをログアウトしている場合、連携するをクリック後にログイン画面が出るので管理者アカウントのID・パスワードを入力しログインすると連携が開始されます。 

  • ワークスペース名:任意の名称(会社名など)
  • ワークスペースキー:前の手順で取得したワークスペースキー
  • クライアントID:前の手順で取得したClient ID
  • クライアントシークレット:前の手順で取得したClient Secret

 

LINE WORKSとの連携に成功すると、アカウント一覧に登録済みのユーザー情報が表示されます。 

正常に完了しない場合は、インテグレーション画面のステータスタブから編集し、再度連携をお試しください。

解決しない場合はチャットにてお問い合わせください🙏

この記事はお役に立ちましたでしょうか?

Kintone(日本版)

Lastpass

お問い合わせ